サプライズでプレゼントするやり方と失敗するサプライズとは

もらってうれしい♪世界でたった一つのプレゼントならドレシャン

 

サプライズでプレゼントするやり方と失敗するサプライズとは

⊳≫ドレシャンでサプライズ!もらってうれしい♪プレゼントならコチラ

【※このサイトは2021年07月09日に更新されました】

サプライズでプレゼントするやり方と失敗するサプライズとは

サプライズでプレゼントするやり方と失敗するサプライズとは

 

サプライズでプレゼントするやり方とポイントをこっそり伝授しちゃいます。サプライズプレゼントはやり方とポイントをおさえておかないと大失敗しちゃいます。

 

  • サプライズでプレゼントしたいけれどどうすればいいの?
  • サプライズでプレゼントしたいけれど、本当に喜んでもらえるか不安
  • サプライズでプレゼントするときののタイミングって?
  • 毎年サプライズでプレゼントをしていたけれど、ネタが尽きてしまった

 

サプライズでプレゼントしたいけれど、いざ考えてみると迷ってしまうこともありますよね。そんなあなたにサプライズでプレゼントするやり方と失敗してしまうパターンをご紹介しておきます。

 

 

サプライズでプレゼントするやり方のポイント

サプライズでプレゼントするやり方のポイント

 

サプライズでプレゼントをするときに、おさえておきたいポイントは2つあります。

 

  1. サプライズでプレゼントしたい相手の予測を上回る
  2. 相手の感情を上下に揺さぶる

 

サプライズでプレゼントしたい場合、サプライズをしたい相手の予測を上回る必要があります。そして、相手の感情をまず下げる、そして最後に上げる。

 

最初にがっかりさせたり、幻滅させたりして、後から相手を喜ばせるようにすれば良いのです。このような意識でサプライズでプレゼントすると喜ばれます。

 

サプライズでプレゼントするときに失敗しがちなワナ

サプライズでプレゼントするときに失敗しがちなワナ

 

サプライズでプレゼントをするのが大好きな人もいます。ですが、サプライズでプレゼントをされることが、苦手な人もいるのをご存知でしょうか?

 

サプライズでプレゼントをすれば絶対に喜んでくれると考えてしまうと、逆に相手に気を遣わせてしまいストレスになることがあるのです。

 

どうしてサプライズでプレゼントされることが苦手なのでしょうか?ただ内緒にすればサプライズになると考えていませんか?

 

確かに内緒でプレゼントを用意しておいて、サプライズでプレゼントすれば喜んでくれることが多いですが、場合によっては内緒にされると困ってしまうこともあります。

 

サプライズでプレゼントしたけれどすでに買ってしまっていた

すでに持っているものをプレゼントされて困る

 

サプライズでプレゼントしようとしたら、すでに自分で買っていたというパターンがあります。このパターンは、相手の欲しいものを中途半端にリサーチしていたから失敗してしまっていたというパターンですね。

 

そもそも自分で買ってでも手に入れたいものですから、プレゼントする当日までに、すでに自分で買ってしまう可能性が高いです。

 

こういった欲しいものは自分で買ってしまう人には、サプライズでプレゼントするより、一緒に選びに行って買ってあげたほうが喜びます。

 

プレゼントが欲しいものではなかった

プレゼントが欲しいものではなかった

 

サプライズでプレゼントされたものが、相手の欲しいものではなかった場合も失敗するパターンです。この場合は、欲しくないものでも喜ばないといけないからストレスに感じてしまうというパターン。

 

欲しいものというよりは、欲しくなかったもの、もらいたくなかったものという言い方が正しいかもしれません。例えば、グルメなどのいわゆる「消えもの」だからといっても、相手の嫌いなものだと迷惑です。

 

サプライズでプレゼントをしたい場合は、あなたの自己満足でプレゼントを選ぶのではなく、相手の好みをしっかりリサーチしてから、プレゼントを選びましょう。

 

サプライズでプレゼントをやり過ぎてバレて飽きている

バレて飽きているサプライズプレゼント

 

毎回のようになんでもかんでもサプライズでプレゼントすればいいというものでもありません。毎回のようにサプライズでプレゼントをやり過ぎると、「またか・・・」と飽きてしまいます。

 

サプライズは相手の予測を上回ることが必要になるので、毎回のようにサプライズをしてしまうと「今回もどうせサプライズしてくるんだろうな・・・」とバレてしまいます。バレてしまっている時点でサプライズではありません。

 

サプライズでプレゼントをするときは自己満足にならないようにする

自己満足なプレゼントをされて困る

 

サプライズでプレゼントしたいときの一番の注意点は、自己満足にならないようにすることです。例えば、相手が「これ、いいな~」と言っていたとしても欲しいとは限らないのです。

 

高級ブランド店へ一緒にウィンドウショッピングしているときに「これ、いいな~」と思うのは当たり前ですよね?でも、高額な高級ブランドをいきなりプレゼントされてしまうと、重いという人もいます。

 

どこかのテーマパークに行きたいな~と言っていたとしても、プレゼントする当日は家でゆっくりしたいな~という感じかもしれません。

 

サプライズのプレゼントとして連れて行きたいとあなたが思っていても、プレゼントされる相手はしっかりと準備して行きたいタイプの人かもしれません。

 

サプライズのプレゼントといっても、なんでもかんでも内緒でプレゼントすることがサプライズになるわけではありません。逆にストレスを与えてしまいかねません。

 

あなたの自己満足にならないよう、サプライズが苦手なタイプなのか?感動するタイプなのか?ぐらいのリサーチはしておきましょうね。

 

内緒にするだけがサプライズの方法ではない

内緒にするだけがサプライズの方法ではない

 

サプライズでプレゼントしたいときって、どうしても内緒でプレゼントしなきゃ!という考え方になる人が多いです。ですが、内緒にするだけがサプライズではありません。

 

サプライズプレゼントで大事なポイントはあくまで・・・

 

  1. サプライズでプレゼントしたい相手の予測を上回る
  2. 相手の感情を上下に揺さぶる

 

この2つのポイントをおさえておけば良いのです。例えば毎回のように内緒でプレゼントしていた人が、「今回は一緒に欲しいもの買いにいこうよ!」というだけで、「えっ?いいの?」というサプライズになるんです。

 

この場合の相手の心理は、「どうせ、またサプライズなんだろうな・・・もう飽きたわ」という下がった感情から、欲しいものを一緒に選んで買ってくれるという、予想外のうれしいことをしてくれてテンションが上がったわけです。

 

これも立派なサプライズプレゼントなんです。プレゼントは本来相手への感謝を伝えたり、うれしいという気持ちにさせることが目的だということを忘れないようにしましょうね!

 

⇒もらってうれしいプレゼント特集のページを見てみる

page top