恋人へネックレスの贈り物をする意味とは?

もらってうれしい♪世界でたった一つのプレゼントならドレシャン

 

恋人への贈り物の意味とは?チョーカーやネックレスのプレゼントジンクス

⊳≫ドレシャンでサプライズ!もらってうれしい♪プレゼントならコチラ

【※このサイトは2018年12月09日に更新されました】

恋人への贈り物の意味とは?チョーカーやネックレスのプレゼントジンクス

恋人への贈り物の意味とは?チョーカーやネックレスのプレゼントジンクス

 

チョーカーやネックレスの贈り物を恋人にプレゼントするときってどんな意味が込められているのでしょうか?また、チョーカーとネックレスの違いって何でしょうか?

 

 

 

チョーカーはネックレスの一種ですが、その違いにも定義がちゃんとあるんですよ!またネックレスにも古い歴史があり、ネックレスの贈り物の意味にも由来があります。このページではチョーカーとネックレスの違いとネックレスのモチーフ別の意味もまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

恋人にチョーカーやネックレスの贈り物☆チョーカーとネックレスをプレゼントする意味とジンクス

 

恋人にチョーカーやネックレスの贈り物☆チョーカーとネックレスをプレゼントする意味とジンクス

 

恋人にチョーカーやネックレスの贈り物をするときの意味とは?チョーカーなどのネックレスには昔から古い歴史があり、その意味にもちゃんと由来があるようです。

 

 

 

ネックレスの贈り物の意味には「束縛したい」「独占したい」というメッセージが込められています。手錠からの由来だそうで、首輪みたいなものなんだとか。手錠とか首輪とか聞くと物騒な感じがしますが、愛情表現としてのネックレスは素敵なんですよ♪

 

ネックレス

 

ネックレスの贈り物の意味には「ずっと一緒にいたい」「永遠に離さない」「ほかの人へ行って欲しくない」というメッセージが込められているんですよ。そんなこと言われてみたいですよね☆

 

 

 

ネックレスのプレゼントには、あなたのことをつなぎとめておきたいという意味があるんですね。またネックレスのトップのモチーフによっても意味があるんだそうです。

 

  • 十字架・・・神秘な力で災いから身を守る。感謝と敬意を払う
  • ウロボロス・・・永遠、死と再生、無限、不老不死、完全なもの
  • 蹄鉄のネックレス…幸運のお守り、魔除け
  • ハート・・・心臓、愛、感情の象徴。恋愛の成就と幸せな結婚。愛の長続きを願う
  • 四葉のクローバー・・・幸運の象徴。愛・健康・富・名声の4つが揃う幸せを運ぶ
  • 花・・・幸せ・愛情・美の象徴。女性らしさのアップ
  • 月・・・女性の象徴。知性を高め、落ち着きを与える。月の満ち欠けが成長も意味する
  • 星・・・健康と富。幸せや希望に導く。明るい気持ちと自信を与える。魔除けの意味もある
  • クラウン・・・成功・美・栄光のシンボルで権力の象徴。目標や夢を実現に導く
  • 蝶々・・・美と成長のシンボル。美しく生まれ変わる
  • 猫・・・魔除け、幸運を引き寄せる。
  • うさぎ・・・上昇と飛躍の象徴
  • リボン・・・約束と絆の象徴。縁結びで恋人から贈られると効果的
  • 月桂樹・・・勝利と栄光と輝ける未来の象徴。
  • 鍵・・・幸せの扉を開き健康や富などを呼び込み、相手の心も開いてくれます。魔除けとしての意味もあります。

 

チョーカーとネックレスの違いって?チョーカーの意味することとは?

 

チョーカーとネックレスの違いって?チョーカーの意味することとは?

 

チョーカーとネックレスの違いってわかりますか?チョーカーもネックレスの一種ではあるのですが、チョーカーと呼ばれるネックレスには定義があるんですよ!チョーカーは英語で【choker】ですが、英単語の【choke】からの英単語です。

 

 

 

【choke】という英単語には「窒息させる」「首を絞める」という意味があるんです。このことから首にぴっちり巻き付けて身に着けるネックレスのことをチョーカーと呼ぶようになったんですね。

 

 

 

チョーカーはもともと処刑道具だったという説もあるようです。磔にされて首に濡れた革のひもで縛り、日光で乾いていくと革のひもが縮むので、首が締まって窒息死させるという・・・恐ろしい処刑ですね。

 

チョーカー

 

チョーカーとネックレスの違いは長さの違いなんです。ネックレスにはいろいろ長さがあるのをご存知でしたか?実はネックレスの長さによって、名前が決まっているんですよ!その中でも一番短い長さのネックレスがチョーカーなんです。

 

 

 

首にぴったりフィットするネックレスのことをチョーカーと呼びます。具体的には14インチ(約35.5㎝)のネックレスのことなんです。実際には35㎝から40㎝ぐらいです。チョーカーを含めたネックレスの種類は5種類あります。

 

  • チョーカー・・・首元に沿うようにぴったり(35~40㎝)
  • プリンセス・・・一般的なネックレス(45~50㎝)
  • マチネー・・・鎖骨下(56~60㎝)
  • オペラ・・・胸元あたり(75~90㎝)
  • ロープ・・・胸下(100~114㎝)別名ソトワール

 

また、ほかに付属品によっても種類があります。

 

  • ビブネックレス・・・胸の前面によだれかけのように装飾品を広げた形のネックレス
  • ペンダント・・・ペンダントトップと呼ばれる装飾品がついているネックレス。ロケットもペンダントの一種
  • ユニフォームネックレス・・・同じ大きさの真珠をそろえたもの
  • ダイヤモンドネックレス・・・ダイアモンドがあしらわれたネックレス
  • ラリアットネックレス・・・留め具のない長いひも状のネックレス。首に何回か巻き付ける場合もある

 

ネックレスの歴史は長い

 

ネックレスの歴史は長い

 

ネックレスの歴史ってすごく長いんです。アクセサリーの中では一番古い歴史があるそうです。そういえばテレビや映画で動物の骨や牙、貝殻や植物などを縄のように編み込んで、首飾りのようにしている原住民や原始人のキャラってありますよね。

 

原始人のネックレス

 

昔の人たちがネックレスをしていた目的は、オシャレが目的ではなく豊作を願ったり、身分の証明だったり、占いに使っていたりしていたそうですよ。ローマ時代になって宝石を金の枠にはめこんで、ネックレスとして楽しむ貴族の女性たちがあらわれたようです。

 

貴族のネックレス

 

18世紀ぐらいに宝飾技術がヨーロッパ中に広まり、上流階級の人たちが胸元が開いたドレスを着るようになったので、自然とネックレスが広まったようです。ネックレスってとても古い歴史があったんですね!

 

スポンサードリンク

 

page top